細かい事、小さい事がさらに上を目指す要素となる

美人生を輝かせる

美姿勢ウォーキングスタイリスト、モデル講師の桐嶋カオリです。

ご訪問くださりありがとうございます。

本日のキッズモデルレッスン。

トドラー、キッズクラス。

ショーウォーキングを中心に。

カーペットをステージとして本格的にショー形式での魅せ方。

そして、トドラー、キッズクラスでは、

センターでの距離感覚をカラダで覚えてもらうこと。

そう、

ステージにばみりがない場合、

ステージ先端まで行ってしまいターンができない、

そんなキッズが多いのです。

ばみりがあれば

そこでポーズ、ターンなのですが

ない場合は、

自分でポーズの位置、ターンの距離などを考えなければなりません。

トドラー、キッズ低学年を中心に実践。

みんな感覚をつかんでくれたかな。

とても大切なことなので今後も徹底していきます。

ジュニアクラス。

ジュニアクラスでは、チームでの作成、表現力、魅せ方など

レベルUPしてレッスンを進めています。

レッスン前の恒例の難題()も

日に日にみんながレベルアップしていますから

難題もレベルアップしています。

恥ずかしさを取り除くことは、時間が解決してくれるかな。

PR力は、自ら学ぶ姿勢がないと難しい。

経験と

他の子のPRをしっかり聞く

その姿勢を大切にしてみてください。

レッスンだからこそ、

一緒に参加している子のPRを聞くことができて

学ぶことができるのです。

有効に使ってくださいね。

本日のジュニアレッスン。

自分たちで作成することの意味。

昨日お話しさせていただいた

妄想、想像力をカタチにすること。

そして、

間の取り方を身につけるため。

どのフォーメーションがいい、悪いを判定するわけではありません。

モデルとしての技術、魅せ方はもちろんですが、

チームでひとつのことに向かって進む、

一緒に歩く、

一緒に合わせる、

そして、

魅せる

モデルとしての大切なことだけではなく

人としての大切なことも

本日、チームから学んだこと、学べたことはたくさんあると思います。

これを生かせるかどうかは、

自分次第です。

一緒に頑張っていきましょうね。

いつもありがとう。

レッスン後は、ランチへ。

結局、ランチでもお仕事のお話しをしている。

いつもみんなの笑顔を見て本当に元気を頂いています。

ありがとうございます。